眼科の仕事 イギリスと日本の違い【視能訓練士 ORT編】

こんにちは、ひらちゃんPhDです。

 KazukunORTPhD hirachan_ort_phd 留学先ハリファックスのブログ

2年間のイギリス留学が終わり日本に帰ってきました。

視能訓練士 (ORT) や眼科の先生と飲みながら留学話をする機会が増えました。

そこでORTや眼科の先生から聞かれる内容の中で一番多かったものが、イギリスと日本での仕事の違いです。

自分なりに感じたことが多く色々お話ししたいので、病院全体編と視能訓練士編に分けてお話ししたいと思います。

今回は視能訓練士 ORT 編です。

参考までに、病院全体編はこちらになります。

関連記事

こんにちは、ひらちゃんPhDです。 KazukunORTPhD、 hirachan_ort_phd、 留学先ハリファックスのブログ2年間のイギリス留学が終わり日本に帰ってきました。視能訓練士 (ORT) や眼科の先生と飲みな[…]

視能訓練士免許

これはどの国も共通で、ちゃんとした国家資格になります。

誰でも希望してなれるわけではありません。

それと残念ながら、日本で取得した資格は日本でしか使えません。

そのため、ひらちゃんの免許はイギリスでは通用しないので、医療行為は禁止されています。

後ほど詳しくお話ししますが、日本の視能訓練士でもイギリスで働く方法はあります。

ちょっと給料は下がりますが…。

視能訓練士ORTの仕事

日本の視能訓練士の方は、視力検査、視野検査、画像検査、手術前後の検査、斜視弱視検査、眼鏡・コンタクト検査などを含む眼科一般検査に加え、ロービジョンケアなども含み、検査という名前が付くものは全部行いますよね?

イギリスの視能訓練士は、斜視弱視とロービジョンが圧倒的に多く一般の検査を行う外来にはいません。

仕事量が全然違います。

イギリスの ORT は本来の視能訓練士業務に特化しています。

実際に小児病棟で働いている視能訓練士を軽く見学しましたが、めちゃくちゃのんびりしていて楽しそうでした。

子供の斜視弱視などを集中してやりたい方はイギリスに留学するといいかもしれません。

じゃ誰が一般検査を?

一般眼科の検査をするのは、技術補佐員 Technicianと看護師 Nurseです。

技術補佐員 Technicianですが、 この方々は特に資格を持っていません。

講習を受けた人達です。

といいましても、よく考えてみてください。

ひらちゃんのいた Moorfields の外来で行う事前検査は、視力検査、視野検査、画像検査だけです。

そこまで難しくないですよね?

イギリスでは、外来業務での視力検査は、屈折値の変化なんぞ眼科医は気にしないのです。

日本だって矯正視力の変化を見ているだけで、屈折値が1段階変わったなどの変化を重要視していません。

日本でも、屈折の変化を重要視するのはそれがが関係してくる患者くらいかと思います。

イギリスでは眼鏡をしている人であれば、その眼鏡をかけた視力しか測らず、裸眼の人は裸眼の視力しか測りません。

被写体の親友が持っている遮蔽板を使って外来では視力検査しますが、研究棟ではETDRSチャートと矯正レンズを使ってでしっかり測ります

この遮蔽板にはピンホールがついていて、通常のオープンの状態で測って視力が落ちていたらピンホールを使って確認します。

ピンホールには大体±0.50Dくらいの矯正効果(焦点深度の拡大)があるので、多少の屈折変化はこれで対応します。

変化があった場合、眼鏡屋で眼鏡を作り変えるか、新しく眼鏡を作るか、患者に促します。

Moorfields の外来には一応オートレフがあります。

しかし、白内障の手術を受けた患者や著しく視力が変わった人しか測りません(専門Clinic毎に異なると思いますが)。

日本はどうでしょうか?

一番のレンズ、二番のレンズどちらが良いですか?

また違うレンズです。一番と二番どちらが良いですか?

とやっている方が多いと思います。

いや、やらされている人が多いと思います。

意外とイギリスの視力検査は雑のように見えて合理的だと思いました。

視野検査も同じですよね。

説明さえ完璧に行えばあとはスタートボタンを押すだけです。

そしてモニターを見ながらキョロキョロしていないかを監視するだけです。

時々偽陽性反応が多い trigger happy な患者がいますが、これも誰がやっても同じ結果です。

OCTの画像検査も今はオートアライメントが効くのでそこまで特別な技量はいりませんよね?

上手に測れなかった患者はオーダーを出した眼科医や Optometrist が各自で再検査をしたりしていました。

これらのシステムでも上手く回るんですよね。

検査の質の違い

これはやはり、ダントツで日本の方が上です神レベルです。

そりゃそうです。体が疲弊するほど残業したり、大量の患者さんを検査していますからね。

また検査している種類も多いですからね。

ひらちゃんは外来業務は許されていませんでしたが、自分の研究対象者のリクルートで週に1,2回外来に出向いていました。

たまに検査に苦慮している 技術補佐員 Technician や 看護師 Nurse に手を貸してあげると、お前凄いな!みたいなことを言われました。

日本では当たり前の技術が、海外に行くとかなり凄い事になります!

もし、今仕事に価値ややり甲斐を失いかけている視能訓練士 ORT の方は海外でチャレンジしてみると、人生観が変わるかもしれません!

一般眼科での仕事

各クリニックに 技術補佐員 Technician が1,2人いて、ほぼ全員の視力を測ります。

しかし、前のセクションでお話ししました方法ですので、途中でお菓子をつまんだりしながらでもあまり待ち時間なくほぼ全員測りきれます。

また、眼科医や Optometrist も診察患者がいない時はカルテを検査室から持って行き、自身の診察ブースで視力を自分で測ります。

診察ブースでも検査室同様に視力が測れるのです。

患者さんが座る椅子の真上にアルファベットが書いてあると思うのですが、これが視力表です。

どうやって測るかというと、鏡を前において鏡の中に写る視力表を読ませることで測ります。

省スペースで意外に便利です。

小児病棟

ひらちゃんは、緑内障部門のリサーチフェローだったので実際の視能訓練士業務は軽く覗き見程度でした。

Moorfields は歴史的建造物の中にある一般病棟に加え、超モダンな建物の中に小児病棟があります。

大半の視能訓練士 ORT はこの小児病棟にいます。

建物には Richard Desmond Children’s Eye Centreと名前がついています。

各階に受付があり、担当の視能訓練士 ORT またはOptometrist がいるフロアに行きます。

各階の受け付けのところには子供達が楽しめるような大きなキッズスペースがあります。

むしろ、楽しみすぎて検査にならないんじゃないかというくらいのスペースです。

視能訓練士 ORT の給料

結構気になりますよね、この話題。

ロンドンのORTの給料

£27,628 – £35,530

日本円で400万円 – 515万円

(£1=145円)

日本ってあんまりお金を公開しない風潮がありますが、海外では公開されています。

一般人に対しお金に見合った仕事をしなくてはならないという事も含まれています。

日本みたいに曖昧な口約束で後で全然給料違うじゃん、とならないようになっています。

支払う税金は日本と同じがやや高めです。

イギリスの物価は日本の約1.5倍ですのでそれを考慮するとやや安いかもしれません。

ただ、ほぼ必ず定時ですし、臨床と研究を十分に行える環境っていうのを考慮すると、日々のQOLは高いかと思います。

有休制度

だいたい30日くらい以上は付与されます。

また、有休が取れない、先輩の有休が優先、っといった日本人特有の空気の読み合う冷戦はありません

皆さん欠勤を使っているのかというくらい休んで海外旅行などに行っていました。

後は勤続年数が長いとサバティカル制度を使うことができます。

これは更に職場に貢献できるように、半年くらいの休暇を頂き、短期留学したり、研究に専念したりする長期の有休休暇のようなものです。

ひらちゃんのボスも途中でサバティカル制度を使って半年間外来業務をお休みし、学術分野に専念しておりました。

こういった点ではダントツでイギリス良いですね。

日本のORTがイギリスで働く

日本の視能訓練士ORTがイギリスの視能訓練士 ORT として働くにはライセンスを取り直す必要があります。

しかし、始めの方で説明した通り、日本の視能訓練士 ORT がやっているような仕事内容は、技術補佐員 Technician が行っています。

そう、技術補佐員 Technician という職種で働く事はできます

給料は年収£11,000 – £34,000、日本円で160万円 – 490万(£1=145円)

英語がペラペラで日本での実務経験が豊富であればそれなりの額は貰えるのではないかと思います。

しかし、おそらく大半の移民は最低賃金からかと思います。

また、働くにあたりvisaが必要です。

イギリスで就労visaをとるにはそれなりの英語能力が問われるので、IELTS(アイエルツ)などの高得点の結果が要求されます。

または、イギリス人と結婚してイギリスに住めば簡単にvisaを獲得して働くことができます。

しかし、現在イギリスはEU離脱でごたごたしているのと、移民の扱いも変わり少しハードルが上がるかもしれません。

さいごに

ひらちゃんは一応視能訓練士 ORT ですが、Moorfields には緑内障の臨床研究をしに行っていました。

そのため、Children’s Eye Centre のお話しができずすみませんでした。

ただ、技術補佐員 Technician としてなら、日本でやっている仕事内容でイギリスで働けます。

将来もしイギリスで働いてみたいという方は検討してみてください。

この記事面白かった、役に立ったと感じた方は気軽にシェアしてください!

 KazukunORTPhD hirachan_ort_phd 留学先ハリファックスのブログ